相続放棄は手続き面倒【専門家にまかせてラクラクライフ】

スーツ

法人税の節税を考える

弁護士

法人には法人税が課せられます。年度内に計上した利益に対し、一定の法人税が課税されます。年度によって収益や利益が安定している業種、出来事やイベントによって大きく利益が増減する業種もあります。そのため節税対策が大切です。

View Detail

任せられる専門家

女性

会社を解散させる際には様々な問題があるので専門家の力をかりた方が良い場合もあります。近年では税理士や司法書士などが手続きを手伝ってくれます。登記手続きなどに詳しいので任せてみるのも良いでしょう。

View Detail

会社の解散をサポート

弁護士

税理士の中には、会社解散サポートサービスを提供している税理士が存在しています。ここ数年、会社設立の際のサポートサービスを提供する税理士が多くなってきましたが、設立時だけではなく解散時にも税理士が持つ専門知識がとても役に立ちます。

View Detail

相談してみる

女性

事務所選びそして相談時のコツ

法律相談をする時には、どういう点を心得ておけばいいでしょうか。まず、自分の抱える問題に合った弁護士を見つけることです。交通事故、離婚、借金など、人によって相談内容は様々です。自分の問題を専門とする弁護士が知人にいない場合は、ひとから紹介してもらうなり、あるいは法テラスの無料相談で紹介してもらうのがいいでしょう。また、ネットで検索するという方法もあります。 それから、法律相談は必ず事前に予約を入れて、当日は時間厳守で事務所に足を運ぶようにしましょう。弁護士はふだん何件もの案件を抱えていて、忙しいのが普通です。いわば、限られた時間内で相談に応じてもらうわけですから、相談内容を整理したメモを持参すると、よけいな話に時間を取られることもなく、効率よく相談ができます。例えば、相続放棄などを行ないたい場合などの相談も受け付けています。相続関係の場合は様々な手続きが必要になってきてしまうので専門家への相談が大切になってくるのです。

効率よく法律相談を行うには

それから、法律相談の事務所選びをする時は、自分の予算に見合うかどうかもチェックしておきましょう。特にネット検索の場合は、事務所をこちらが選べるわけですから、できるだけ自分の経済状況に合った事務所を選ぶことが大事です。弁護士事務所では、元々相談料のある有料相談が多かったわけですが、最近はその相談料を廃止した事務所もあります。また、着手金を受け取らないとか、予算に応じていくつかのプランを準備している事務所もありますので、いくつか候補を見つけて絞り込むのがお勧めです。 それと、問題が発生した時には、早めに相談に持ち込むようにしましょう。弁護士事務所への法律相談は、とかく先送りにしがちになるものですが、そのため余計に厄介になることもあります。問題を大きくしないよう、早めに手を打つことも大事です。